メイキング朝しぼり

おいしい『雁木朝しぼり』ができるまでをお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

麹づくり-Ⅲ (切返し~盛)



麹菌を植え付けた後、麹米を床の中央に集めて山のように積み上げ布で包み込み一定温度をキープさせた麹米を、翌朝、一粒一粒により分けます。この作業を“切返し”と呼びます。

しゃべってもいいけど手は休めるな! と、言うくらい迅速さと丁寧さが求められる作業です。でも集中しているとなかなか声はでないものです。

切返された麹はうちでは別室に運び、箱に盛ります。
切返しまでの作業をする床と、“盛”およびそれに続く“仲仕事”、“仕舞仕事”と呼ぶ2日目の作業をするスペースを一つの部屋に設えた蔵のほうが多いのですが、うちでは初日と二日目の作業条件にあたる室温と湿度を明確に区分するために、それぞれを別室で行っています。


スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ここでちょっと休憩~試飲~ | ホーム | 麹づくり-Ⅱ (種麹散布)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。