メイキング朝しぼり

おいしい『雁木朝しぼり』ができるまでをお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

蒸し



毎日食べている“ごはん”はお米を炊いたものですが、
日本酒の原料とする米は蒸して仕込みます。

夜も明けきらぬ頃、和釜の上に乗せた甑(こしき)に前日に洗米・浸漬した白米を張り、
強力な蒸気で蒸すこと2時間弱、
ふっくらと弾力のある“外硬内軟”すなわち、米の芯まで蒸気が浸透して中身は軟らかいけど表面は乾いていて捌けのよい蒸米が蒸しあがります。

“かすり”と呼ぶ道具で甑から掘り出した蒸米を、“ため”と呼ぶ木製の器に受けて運び出し、
すのこの上に敷いた布に広げ、ゆっくりと自然放冷をします。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<麹づくり-Ⅰ (引込み) | ホーム | 洗米・浸漬>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。